アトピー遺伝率は?父親、母親どちらからでも遺伝するの?

スポンサーリンク

 

二十年以上前には、両親がアトピーである場合、

「子供がアトピーになる確率はおよそ70%」と言われていました。

両親のどちらかがアトピーでも、その確率は50%とかなり高い数字です。

現在(2015年)、その確率は両親がアトピーだと「50~75%」と、諸々の説によって幅はありますが二十年前とあまり変化はないようです。

親、もしくは近親者がアレルギー症状を発症したことがあると、その確率が高くなります。

ただし、注目すべきは遺伝率が100%ではない、という部分でしょう。

遺伝の要素が高いという点は無視できないものの、戦時中はアトピー性皮膚炎患者の数が非常に少なかったという事実があります。

戦後になって、日本のあちこちで遺伝子が突然変異したわけではありませんから、そう考えると、アトピーは「遺伝だから」と片付けられる問題ではないことがわかります。

要するには、戦後の「生活環境」も大いに関係しているということです。

親がアトピー性皮膚炎であっても、子供は別のアレルギー症状を発症することもあります。

その原因は食事内容であったり、生活内容であったりと、人によってアトピーの原因は様々です。

特定の食物が原因の人もいれば、ほこりやダニに過敏に反応する人もいます。

食べる物が豊富になった社会ですが、一般の知識だけではよくわからない成分が含まれている事もありますし、室温調整するために密閉された空間ではダニなどが繁殖してしまいます。

遺伝だけを注視するのではなく、生まれてからの環境についても考える必要があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ