なぜ、皮膚がかゆくなるの?痒みの仕組みとは?皮膚表面のバリア機能低下が問題だった!

スポンサーリンク

 

アトピー性皮膚炎はそもそも原因不明で治療が困難な病気とされています。

しかしアトピー性皮膚炎を患っている方の中には、様々なきっかけで症状が改善されたり、完治したという報告を挙げる方も少なくありません。
そういった報告例や治療例を見ると、アトピー性皮膚炎が多因性のものである事が解ります。

食事・ハウスダスト・ストレスや生活習慣などといったように原因が人により異なる事も、一元的な治療法が確率されない理由だともされています。

ですが、1つだけ痒みの仕組みとしてほとんどの方に当てはまる事として、皮膚表面のバリア機能低下という特徴があります。

皮膚は「表皮・真皮・皮下組織」という3層構造で成り立っており、表皮の最も外側に角質があります。

この角質がバリア機能を果たすものなのですが、これが弱まっている方が多く、痒みのを起こす原因となっている場合が多いのです。

本来様々なアレルゲンや刺激から肌を守るはずの角質のバランスが崩れやすいため、外的刺激に非常に弱い状態となっています。

例えば髪の毛が触れただけで顔が痒くなった経験を持っている方も多いのではないでしょうか。

これはアレルゲン以外でも直接何かに触れる=弱まっている肌を刺激するという事になるため、痒みが発生しやすいのです。

更に、かき壊してしまっている状態であれば、尚更バリア機能が弱まっています。

この仕組みに対して対策を考えるとすれば、やはりバリア機能そのものを高めるサプリメントやボディークリームなどが有効です。

中でも、角質層の隙間を埋めてバリア機能を高めてくれる細胞間脂質「セラミド」という成分が主成分となっているような商品があれば、試してみる価値はあるります

注意点としては前述のように人によってアレルゲンも異なりますので、その商品自体にご自身にとってのアレルゲンが含まれていないかを確認してからの使用をお勧め致します。

少しでも改善されるよう、仕組みを紐解いていく事と有効と思える手段を試す事は重要ですね。

スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ