アトピーは保湿しない方がいい?保湿剤おすすめは?

スポンサーリンク

 

mosisture_R

“アトピーになってしまうと辛い痒みと肌荒れにとても悩まされることでしょう。その治療法はまだ確立されておらず、人それぞれ原因が違い、肌質も違うということで、それぞれの治療法を見つけていかなければなりません。専門家の意意見も賛否両論が飛び交っていますね。

例えば、保湿ですが、保湿はした方がいい、という意見と、してはいけないという意見がありあます。

保湿をしない方がいいと言うのは、上から保湿成分を与えすぎることによって、肌本来の潤う力が弱められてしまうという考えからでしょう。通常肌には自らうるおす力があり、水分と油分のバランスを整え、肌を守るバリア機能も備えられています。けれど薬を飲み続けると抵抗力がなくなるのと同じで、肌への保湿クリームも与えすぎると、肌本来の潤い成分が減少してしまいます。その結果、さらなる乾燥を招くのだと考えられているのです。

しかし、アトピー肌は元々肌を守るバリア機能が弱いのです。すると肌を守るものが足りないことで水分も蒸発しやすい状態にあります。さらに通常の人が持っている保湿成分もアトピー肌の方の方がずっと少ないのです。

すると何もしなければ乾燥はどんどん続いていくいっぽうです。さらに乾燥による痒みも増えていってしまいます。辛い症状が増すだけなのです。

大切なことは目の前の肌としっかり向き合い、その肌に必要なだけの保湿を行うということです。過剰に行う必要はないのですが、肌本来の潤いを期待して、保湿しないというのもまた危険なのです。

ただ、保湿剤といっても、市販で売っている安いものから、敏感肌用のものまで種類は多いですね。

保湿剤を選びまちがえると、改善されるどころか、悪化してしまう可能性もあります。

保湿剤は、できればアトピー肌でも安心して使えるアトピー専用の保湿剤を使うことをおすすめします。

おすすめのアトピー専用保湿剤はこちらです。

スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ