色素沈着の原因はターンオーバー(肌サイクル)にあり?

スポンサーリンク

 

1fcc6ade53e3ab85b95d5ff95acc0ae0_s_R

アトピーの人は、顔を見るとだいたい分かると言われています。もちろん肌に症状が出ているから、ということではありますが、顔アトピーにはいくつか特徴的な外観があるからです。

アトピーの人は皮膚は乾燥していて白っぽく、しかしキメは細かい人が多いです。粉が浮くほど白い中にも所々に赤みとくすみも見られます。乾燥や痒みで目は潤みがちで、目の下に茶色いクマができていることも多く、目をこするしぐさもよく見られます。目の周りに出るこれらの症状は、顔アトピーの特徴的なものと言えるでしょう。です。目の周りの皮膚はとっても薄いのです。それだけにアトピーの炎症も起こりやすく、また少しの刺激で肌が傷つき悪化もしやすいのです。

こういった皮膚の弱い部分は、掻いたり擦ったりすることによる「色素沈着」が起きやすくもあります。

目の周りが黒っぽいアイシャドウを塗ったようになって、寝不足でもないのにクマが取れない、それは色素沈着のせいなのです。アトピーの炎症が引いた後も、しばらくはこの色素沈着は残り、肌のターンオーバーによって少しずつ薄れていきます。目の周りのアトピーは、目の下よりも瞼に出ることが多いです。

また、アレルギー性の結膜炎などを併発することも多く、瞼をこする、というしぐさをよくしてしまいます。ただでさえ薄い目の周りの皮膚は、こすられることで表面の細胞がはがれさらに傷つきやすくなります。アトピーの炎症に加え、紫外線や、前髪、シャンプーといった刺激物に対してますます過敏に反応するようになります。

そのような刺激から肌を守る一つのシステムが、色素の分泌です。刺激によってメラニン細胞がメラニンを分泌すると、肌に色素が溜まります。

刺激が恒常的に与えられたり(毎日こすったり)、大きな刺激が加わる(傷になるほどの炎症が起きる)と、その色素は沈着してしまい、元の肌の色に戻ることはありません。

スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ