ステロイドの副作用とは?皮膚が薄くなるって本当?

スポンサーリンク

 

アトピーと言うのは、原因不明の痒みやかぶれが長期間に渡り続く症状を指します。軽い痒みと炎症程度の方もいれば、全身赤く腫れあがり、日常生活に支障が起こるほどの痒みと痛みで悩まされる方もいます。

この場合、皮膚科を受診する事になるのですが、たいていは保湿剤とステロイド剤を処方され、スキンケア方法についての説明などを受けることとなるでしょう。

しかしこのステロイド、勿論痒みや炎症には効果があるのですが、様々な怖い副作用があると言われていますね。その副作用を恐れて、処方されても使用しなかったり、指定された量よりも少なく使用したり、という場合もあるでしょう。

そこで、ステロイドは本当に怖い薬なのか、副作用はどの程度あるのかということについて見ていきましょう。

ステロイドの主な副作用としてあげられるのは、毛深くなる、皮膚が薄くなる、皮膚が弱くなる、色素沈着を起こし、皮膚が黒ずむなどです。毛深くなる、黒ずむというのは、体の健康を害することには繋がりませんが、女性としてはとても困る症状ですね。

また、良かれと思って塗り続けた薬が、逆に皮膚を薄くし、敏感な状態に招いているということになると、いつまでもアトピー症状から抜け出せないということになってしまいます。

しかし、薬を使用しなければ痒みと痛みと炎症との戦いに疲れ果ててしまうことでしょう。

ステロイドと言うのは体の中に老廃物として蓄積されてしまいます。しかし数日で排出されるので、毎日使い続けるのではなく、数日使ったら使用を休む、休んだらまた使う、という形で、蓄積された薬の排出を定期的に行うことで、副作用を最小限に抑えることが出来ます。

スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ