38~39度のお風呂に入って新陳代謝UP!アトピー改善に

スポンサーリンク


投稿者情報

性別: / 年代:, , , , , / 症状がある部位:
症状タイプ:,

アトピーは、温まると症状がひどく悪化して、かゆみも増す傾向があるため、入浴はアトピーを悪化させると思っている人がいるかもしれません。しかし、入浴は、その方法によってアトピーの症状を、良くも悪くもすることができます。

入浴によってアトピーの症状が改善する理由は、新陳代謝に大きな関わりがあります。お風呂に入って身体が温まり、汗をかくと、新陳代謝が活発になります。新陳代謝がよくなるということは、身体の中に溜め込んだ有害物質やアレルギーのもととなる物質を排出する働きが増すということです。

また、すでに治療としてステロイド剤を塗布している場合は、体内のステロイド剤を排出して、副作用を起きにくくしたり、実際にステロイドをやめるときのり盤度を小さくしたりしてくれる効果があります。

しかし、40度以上の熱いお湯に入ったり長湯をしたりすると、必要以上に体が温まり、症状の悪化につながります。代謝を最も高めるお湯の温度は38~39度と言われていますので、お湯の温度には注意が必要です。

また、入浴がアトピーの症状を悪くする原因となり得るのは、入浴後のお肌の保湿不足です。入浴によって、肌の表面についた水分の蒸発に伴って、身体に必要な水分も急激に失われます。乾燥はアトピーにとって絶対に避けなければいけない状態なので、お風呂を出てすぐのところに保湿液などを置いておき、速やかにお肌に潤いを持たせることがとても大切です。



スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ