塩素を取り除くシャワーヘッド、お風呂用の浄水器を付け、乾燥改善

スポンサーリンク


投稿者情報

性別: / 年代: / 症状がある部位:,
症状タイプ:

アトピー体質の人にとって是非気をつけて欲しいのが入浴の仕方です。
食生活や保湿などには気をつけていても、入浴に関しては特別アトピーを意識していない人が案外多いものです。

私の主人が良い例で、皮膚科を受診したりアトピーに良いと言われる高い保湿剤を購入して熱心にケアをしていたものの、とにかく入浴に関しては熱いシャワーが大好きだったんです。
お風呂のお湯も42度位に設定し、そこに保湿力を謳った入浴剤を投入して湯船に浸かっていました。

熱いお湯というのは、それだけで皮脂を奪いアトピー肌を更に乾燥させてしまいます。

更に、皮膚は温める事で血行が促進されると痒みを引き起こすのでアトピーにとって良い事はありません。

そんな訳で主人はお風呂から上がると速攻で保湿剤を全身に塗りたくり、乾燥と痒みのケアをしていましたが、結局また熱いお湯を浴びるのでまるでいたちごっこのようでした。

そこで熱いシャワーやお風呂を止めて、入浴時の温度設定は38度から39度の温めに抑えその分以前よりもじっくりと湯船につかり身体を温めるようにして貰いました。

また入浴剤もアトピー肌の刺激になる可能性を考えた上で止めて、塩素を取り除くシャワーヘッドに替え、お風呂用の浄水器を付けてアトピーに優しい入浴が出来るように工夫したのです。

するとあんなにお風呂から上がってすぐにケアをしないと、痒みや乾燥が酷かった肌が落ち着いてきたんですね。

もちろんお風呂上がりのケアは行いますが、保湿剤を闇雲に使用しなくても十分に乾燥を防げるようになりました。

保湿剤の持ちの良さは、何とそれまでの倍以上になったのです。

乾燥も改善され、肌の状態も随分と綺麗になりました。

皮膚科へ通わなくても手持ちの保湿剤だけで普段は十分に対応する事が出来るようになったのです。

どんなに良い薬や保湿剤を使用して、食事に気をつけてもアトピー肌に悪い入浴の仕方をしていてはアトピーは改善しません。

アトピーの場合は「お湯の温度は低め」「肌に刺激となる入浴剤は使用しない」「水道水の塩素を除去する」この3点に気をつける事が大切です。

おすすめの塩素を取り除くシャワーヘッドはコチラ

スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ