農薬や抗生物質、食品添加物によって汚染されている食べ物には気をつけて!

スポンサーリンク


投稿者情報

性別: / 年代:, , , , , / 症状がある部位:
症状タイプ:, ,

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_s

アトピー症状は、遺伝や住環境など様々な要因で発症したり、悪化したりするものですが、食生活もまた、アトピーの症状の出方にとって大切な要素です。

薬に汚染された野菜や、抗生物質を多く含んだエサを食べた家畜の肉や魚、加工食品などに含まれる食品添加物を摂ることだと言われています。その理由は、たんぱく質にあります。たんぱく質は人の体にとって欠かせない栄養素ですが、そのたんぱく質の質の悪さによって、アトピー症状の悪化が引き起こされるのです。

たんぱく質は、体内でアミノ酸によって分解され、身体に吸収されて筋肉や骨、爪など体の全てを形作ります。このたんぱく質が、農薬や抗生物質、食品添加物によって汚染されていると、分解が十分にされにくく、分解されないまま体の中に吸収されることによって、身体がそれを異物と捉え、アレルギー症状を悪化させるというわけです。

抗生物質をエサに用いていない肉はなかなか手に入りにくいかもしれませんが、養殖でない魚や、有機栽培の大豆、添加物を含まない豆腐、無農薬や有機栽培の野菜をできる限り利用し、汚染されていない良質のたんぱく質を摂るように心がけることが大切です。

多少割高になったとしても、健康の価値を考えると、食生活を見直すことはアトピーの人にとってとても大切なことです。

スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ