東レ【トレビーノのトレシャワー】でカルキ対策。保湿剤は日興リカ【サンホワイトP-1】。玄米はおかゆで

スポンサーリンク


投稿者情報

性別: / 年代:, , / 症状がある部位:, , , , ,
症状タイプ:,

“30代になって肌の乾燥が酷くなったので、てっきり乾燥肌が進行したのかと思っていたら、子供の頃に完治したと思っていたアトピーの再発でした。

アトピーだと認識してからの進行が早く、日増しに患部は広がり、痒みも赤味もカサツキも強くなっていきました。
かなりの偏食で、週に5〜6回もから揚げや竜田揚げを食べ、間食にスナック菓子を食べていたのでは無理もない事なんですけど。
赤黒く変色した首や指先、粉を吹いている顔、不意に襲って来る激しい痒みが辛く、真剣にアトピーと対決する決心をしました。

アトピーには栄養素の多い玄米が良いという説と、消化が悪いから逆効果だという説がありますよね。
玄米のビタミンやミネラルを撮りつつ、消化を良くするために主食を玄米と雑穀のおかゆに切り替え、調理方法もグリルか蒸し料理を中心に切り替え、味噌や納豆のような発酵食品を多く摂るようになりました。

個人差はあるかも知れませんけど、これはかなり有効です。
おかゆにして消化を良くすることで胃腸への負担が減りますし、玄米と雑穀の栄養素と発酵食品で免疫力を高め、食物繊維で腸内環境が整うため、肌の状態が目に見えて良くなりました。

肌の保湿も、始めの内は肌の水分を逃がさない事を重視して、局方品の白色ワセリンを塗っていたのですが、皮膚を傷める原因となるカルキ対策こそが重要な気がしたので、シャワーヘッドをカルキ抜き機能のついたものに取り換えました。

使ったのは東レのトレシャワーという製品でしたが、カルキ抜きと原水をワンプッシュで切り替えられるので、入浴中と掃除用で使い分けられるので無駄が少なく、カートリッジの交換に掛かる費用が節約できるのが良いですね。

シャワーヘッドを取り換えたら、お風呂上がりの肌の乾きがかなり軽減されました。
カルキには皮膚や細胞を破壊する性質があるというのは本当のようですね。
保湿剤は普通の白色ワセリンから、より純度の高いサンホワイトP-1に切り替えました。

食事内容の見直しと入浴時のカルキによる肌への負担の軽減と保湿剤の使用で、言わなければアトピーだと分からない程度まで回復出来ましたよ。

アロマセンス

スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ