漢方の紫雲膏は保湿効果が高く、手のアトピーが改善。布ナプキンは陰部のかゆみに効果的

スポンサーリンク


投稿者情報

性別: / 年代: / 症状がある部位:, , ,
症状タイプ:

小さいころからアトピー性皮膚炎に悩まされ、痒みで眠れない夜もありましたが、思春期を過ぎてから症状が落ち着いてきていました。

看護師として就職したばかりのころ、慣れない仕事や夜勤のための生活リズムの乱れ、人間関係のストレスから、またアトピーの症状が悪化。
特に手荒れがひどくなり、指がパンパンに晴れて浸出液も出て手を握りにくいほどでした。

仕事上使い捨てのゴム手袋を着用することが多いのですが、そうすると蒸れてしまって、手袋を脱ぐころには皮も一緒にむけてしまうということがよくありました。

そして生理前後には陰部の痒みがつよくなり、生理中はナプキンでかぶれてヒリヒリ痛いという状態でした。皮膚科に行くと、もれなく強いステロイドを処方され、それを塗ると確かに一時的には楽になりましたが、ずっと塗り続けていなければまた痒みがぶり返してしまい、あまり効果的とは言えませんでした。

たまたま夜勤の時に無心に手を掻き毟る姿を先輩に見られ、手のかゆみがひどいこと、生理の時は陰部も荒れてしまうことを相談しました。すると、不規則な生活になりがちな看護師は肌トラブルを抱えている人が多く、アトピーも悪化しやすいと聞きました。

そしてその先輩が肌の乾燥がひどかった時に使って効果があった、漢方の紫雲膏を勧められました。ごま油の香りで、赤い軟膏に少し驚きましたが、塗ってみると保湿効果が高く、使いやすそうでした。寝る前に手によく刷り込んで綿の手袋をして眠ります。すると翌朝には古い皮がむけて、痒みが楽になりました。この方法でだいぶ手の症状が改善されました。

同じ先輩から勧められたのですが、陰部のかゆみに布ナプキンが効果的でした。洗濯が面倒くさいけど、紙ナプキンには戻れません。



スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ