動物性タンパク質は合わず。かわりにビタミンA、B、Cを摂ってアトピー肌が改善!

スポンサーリンク


投稿者情報

性別: / 年代:, , , / 症状がある部位:
症状タイプ:

子供の頃からアトピーで、10代後半になってやっとマシになりました。

それまでずっと病院から処方される薬を使用していましたが、それには実はステロイドが入っていたのです。
なかなか湿疹が治らずむしろ使えば使う程酷くなっていたので、中学生の頃にステロイド入りの薬は使わなくなりました。

薬を使わないと痒みを抑えられないので、そういう時は食事で改善する事にしたのです。色々自分で調べて解ったのは、動物性たんぱく質がちゃんと消化されない事が原因なのかもしれない、という事です。

ですからお肉や乳製品はなるべく摂取しないようにして、秋刀魚やアジ等の青魚から動物性たんぱく質を摂取しました。

青魚の他にはおからや納豆等の大豆製品を食べました。白米は食べても大丈夫だったのと、完全にたんぱく質断ちせず適度に摂取していました。

そしてビタミンAやB、C等をちゃんと摂取するようにしていました。

よく食べたのは人参、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、南瓜です。ビタミンAやB等が含まれるなるべく無農薬の野菜を食べました。

甘い物を食べても痒くなっていたので、チョコやポテトチップス等のお菓子は控えました。
そしておからクッキー等の手作りのおやつを食べ、サイダー等の炭酸やジュースは飲まなくなりました。

こうして食事に気を使ったおかげか、どんどん肌の調子は良くなり20代の頃にはアトピー肌ではなくなりました。

スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ