ステロイドは一時的な症状を抑えるもの。必要以上に怖がらない事も大切

スポンサーリンク


投稿者情報

性別: / 年代: / 症状がある部位:
症状タイプ:

アトピーの患者の中にはステロイドを使用するとその副作用を心配して、ステロイドは使用したくないという人も少なくありません。

しかし、医師は必要だから処方しているのです。またステロイドがどれほどの副作用を引き起こすかはっきり明言できる人はそれほど多くはありません。多くの人は、雑誌やメディアからの情報でステロイドは怖いという先入観を植え付けられているだけの場合もあるのです。

アトピーの患者に対し、ほとんどの医師はステロイドを処方するでしょう。これは日々常用する薬としてではありません。

かゆみが強い時の一時的な症状を抑えるために使用するためのものです。それほどステロイドは抗炎症作用があり、かゆみを抑える効果があるのです。

かゆみがあれば、掻き毟ってしまうこともあり、その傷ついた皮膚から感染し、更に皮膚の状態を悪化させることがあります。その場合に、ステロイドをいち早く使用してかゆみを抑えると、最小限に症状を抑えることができるのです。そしてかゆみが治まれば、あとは医師が処方している日常の軟膏などを使用してまた肌を維持していけばよいのです。

そのためステロイドは常用するわけではありませんし、とても効果が強いので、いざというときに強い味方になる薬なのです。正しい用量を守って正しく利用していきたいですね。

スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ