20歳で成人アトピーに。化粧品は無添加で刺激が少ないものを使用。

スポンサーリンク


投稿者情報

性別: / 年代: / 症状がある部位:
症状タイプ:

私がアトピーと診断をされたのは、20歳になった時でした。
それ以前から、少し肌がカサつくなと思ったことがあったのすが、そんなに意識をすることもなかったので、そのままになっていたのです。

ところが、学生で化粧をするようになってから、少しづつ肌の変化を感じるようになりました。
最初のうちは、そんなにかゆみやかさつきを感じることがなかったのです。
そのため、基礎化粧品やその他のケア商品について、特に意識をして購入をしていませんでした。

ところが、仕事を始めて毎日化粧をするようになったことと、ストレスを激しく感じるようになった時、顔の肌あれを強く感じるようになったのです。
それは赤くなったり、痛いと時々、感じることもありました。

そのため、病院を受診すると、その時にアトピーであると診断をされたのでした。
そして医師から化粧品について無添加のものを使用するようにと言われたのです。

その後は、無添加の化粧品を使用することにしています。
医師のいった通り、無添加であるので、とても刺激が少ないためか、以前のように肌が痛くなることはなくなりました。
また、ストレスを感じた時でも、肌の変化を受けないようになったので、やっぱり肌がストレスを感じていたと思うようになっています。

その後は、新商品が出たとしても、その商品が肌に優しいものであるのか、しっかりと吟味をしてから購入するようになっています。



スポンサーリンク

<アトピーにおすすめ>コスメ&エステ写真付き体験レビュー

【美容ゲル】アンチエイジング効果も抜群!

【トライアルキット】人気の”プチプラ”特集☆

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ